BLOG

教養

一昔前のレンタルビデオ店では、がっかりさせられることが多かった。会社から帰宅する深夜にお店に行くと、わざわざ深夜に返却する人がほとんどいないので、借りたいと思っていた新作はどれもレンタル中になっていることが多かった。新作にめぐり遭う頃には、もはや新作ではなくなってしまっていた。ほとんどの場合、まだ観ていなかった古い名作映画を借りるようにしていた。データでレンタルできる時代になってからは、確実に新作映画を観ることができるようになったが、「まだ観ていなかった古い名作映画」を観る機会を完全に失った。

「まだ観ていなかった古い名作映画」とは、評判はかなり良いのだが、自分の趣味嗜好から少し外れていていた映画のことだ。断固として観ることを拒否をしていた訳ではなく、誰かにそっと差し伸べてもらえれば観ることができた映画だ。新作がすべてレンタル中であったため、一時的にどうでも良くなってしまった心境が許容範囲を広げてくれていたのだと思う。100%とはいかないが、そういう心境から借りた映画に大満足したことが何度もあった。偶然手にした教養の範囲を広げてくれるシステムだったと言ってもいいだろう。

好きなものにピンポイントで手が届きすぎる現代に少し不安を感じる。自分の趣味嗜好から少し外れたら、一生触れる機会を失う可能性だってある。次のレンタル映画サービスには、ロシアンルーレットのように1/6の確率で全く異なるジャンルの映画がレンタルされてしまう不確実なボタンを付けても面白いのかもしれない。